新型纳米材料

ページをプリント

纳米板是什么材料

加温・冷却ジャケット付の溶解タンクを多数有し、
小口から大口までの生産対応や独自の濾過システムを導入し、コンタミリスクやロスの低減を実現しております。
リチウム電池用途やバリアコート用途など、
「高品質」・「高機能」の用途に対応可能な設備・システムにて生産しています。

硝化綿、UV硬化樹脂、ポリエステル樹脂、アクリル樹脂、石油系樹脂、エポキシ樹脂、PVA樹脂等を溶解し、製品化しております。
生産工場としては、つくば工場、千葉工場、半田工場、川西工場の4工場です。

溶解タンクとしては、温水又はスチーム加温と冷却が可能なジャケット付の100L、200L、300L、500L、800Lの小口用タンクや1,000Lから10,000Lまでの大口用タンク等を取り揃えており、小口から大口までお客様が必要とされる数量に合わせての生産ができる各種タンクを揃えております。
スチーム加温タンクでは、高温溶解が必要な特殊樹脂の溶解も行っています。更に塗料・インキの用途以外にも、太陽電池向けやバリアーコート用等の先端産業に使用される高機能材料についても生産対応が可能です。

加温・冷却装置により、年間を通じて同じ条件での生産が可能であり、又、製品濾過は、独自のポンプと濾過器一体構造の濾過システムをタンクに直付けする方法を採用しコンタミリスクや充填ロスの低減を実現しております。

ページトップへ戻る